頻尿の原因をチェックして対処する

女性における頻尿は年齢と共に筋力が低下することや、妊娠出産によって膀胱に負担がかかり発生することがあります。そのほかに頻尿の原因は心理的要因のこともあり頻尿改善のためには原因にあった方法で適切に対処しなければなりません。

筋力の低下によって起こる頻尿は筋力を鍛えることによって改善が望めます。頻尿に関係のある筋肉は骨盤底筋という筋肉で鍛える方法としては尿道や肛門に力をいらた状態で数十秒キープすることを何度か繰り返し、日々続けることで効果が期待できます。

心理的なものが要因とあっている場合には根本的な原因を取り除かなくてはなりません。ストレスが溜まっているのならストレス解消をしなくてはなりませんし、過度の緊張で頻尿になってしまうのであれば緊張を取り除いたり緊張してしまう事柄がある時に自分を落ち着かせる方法を考えなくてはなりません。

まずは自分自身を振り返り頻尿の原因となっているものをチェックしそれに合った対処法を考えましょう。

 

頻尿サプリについて

就寝中に何度も起きてしまうそれは夜間頻尿かもしれません。女性ホルモンと夜間頻尿には深い繋がりがあるのです。夜中に一回以上起きてトイレにいく、臨床上二回以上に行くことを夜間頻尿というのです。

女性の場合閉経後に夜間頻尿の症状が現れることが多いと言われています。夜間頻尿を防ぐためには直接的な原因の水分を減らしましょう。夜8時以降の水分摂取はなるべく控えるようにしましょう。

下半身が浮腫みやすい方も頻尿の原因の1つになりますので、熱めのお風呂に入ったり、マッサージをしたり、適度な運動をしましょう。また、尿の悩みはなかなか相談しにくい、病院にまでいって薬を飲むとなると副作用が心配というかたには、頻尿を改善するサプリメントがあります。頻尿サプリのランキングでその内容や効果、原料がある程度理解できます。

学割で購入することもできます。頻尿だけではなく、尿漏れの悩みでも使用することができます。頻尿といえば60代や70代の人の高齢者の悩みだと思われがちですが、今は20代や30代でも増えてきています。

 

ノコギリヤシには中性脂肪分解の効果もある

ノコギリヤシの果実には油性成分が多く含まれているので、食用や薬用以外にも燃料のノコギリヤシ油として利用されています。ノコギリヤシは滋養強壮剤、前立腺肥大症の治療薬として服用されていましたが、近年育毛効果があるということがわかりました。

現在市販されている育毛剤や育毛サプリメントにノコギリヤシの成分が含まれているものも多くあります。ノコギリヤシの摂取量が過剰になると、まれに吐き気やめまい、下痢や便秘を引き起こしてしまうこともあります。

ノコギリヤシの過剰摂取でトイレに駆け込むということがないように気をつけなくてはいけません。サプリメントで摂取する場合には決められた摂取量を守るようにしましょう。

育毛活動には欠かせないノコギリヤシですが、他にも体内の脂質を排出するという効果もあります。ノコギリヤシにはサポニンという成分が豊富に含まれていて、中性脂肪やコレステロールを分解してくれる作用があるのでダイエット効果を高めてくれます。

【霧の濃い朝】

2014年冒頭。私は事故に遭いました。どうやら反対車線のトラックが私の二輪車に近づいたらしい。正直死にかけた。当時、私は全身を強く打ち、意識も朦朧として、何より寒さで何も感じられない状態だった。トラックの運転手が救急車を呼んでくれていたが、どうしたワケかなかなか到着しない。実際に私が病院に運ばれたのは、事故発生から1時間以上後の事だった。痛みと寒さもあって、実に長い1時間だった。「これで助かる…」そう思えたが、本当に長いのはこれからだった───。

【お家に帰れ】

緊急で病院に運び込まれた血だるまの私。外の寒さから解放されると自然と痛みが強く感じられるようになった。どうにも耐え難くなって、恥も見聞もなく痛い痛いと喚いてしまった。看護師さんは見るに見かねて、あらゆる鎮痛剤を投与。しばらくすると、少し痛みが和らぎ、周囲の状況がある程度は把握できるようになりました。ここは病院の処置室。自分は未だにストレッチャーに横になっていて、隣には母の姿が。壁に掛けてある時計を見てみると、午前10時。恐らく、運び込まれて2時間近くたってる。血が少なくなった頭でも、何か違和感を覚えた。そう。先生が来ないのである。業を煮やした母が看護師を一人捕まえて、どうなっているのか問いただしてる。私だって、自分で立てるならそうしているところだった。ありがたい。すると若い先生が急遽やってきて、開口一番に「入院できません」と言ってきた。トラックにぶつかった瞬間は鮮明に覚えていないけれど、同じくらいの衝撃を覚えた。ここは病院じゃないのか。別な理由で血の気が引いた。そんな私と、絶句した母に対して先生はこう続ける。「今日はおウチに帰って頂いて…」

【緊急なので】

引いた血の気が一気に頭に登ったけども、そもそも血が足りなくてやっぱり喋れない。身動きも取れない。もし、霊魂とか幽霊が本当にいて、お盆に自分の恥ずかしい昔話とかされていたら、こんな気持ちになれるかもしれない。そんな場合じゃないが。家に帰れ。さっき以上の衝撃を覚えた。母は訴える。そんな事を言うのならば、何故、受け入れたのか。このままでは死んでしまう。血まみれのまま家に返してどうしようと言うのか、と。それでもこの若い先生は煮え切らない。別の病院に紹介状を書けと言っても首を縦に振らない。何がしたいんだコイツは。いや、きっと何もしたくないに決まってる。母は意を決するように言った。「訴えますよ!」。この言葉は効果テキメンだった。実際、知り合いに弁護士もいる。このまま私が死んでしまうと大きな問題になるだろう。 それから私が鎮痛剤に頼りながら痛みに悶え約2時間後。ようやくレントゲンが撮られ、そのまま病室のベッドに運ばれた。病室は大部屋だったが、ガラガラだった。ここにきて、やっと病院にきた気がした。安心して静かにしていると、さっきの若い先生が婦長さんを連れて、私にこう言ってきた。 「怪我の状態から、明日、手術を行います。 緊 急 な の で 」 手術の担当も、この医者らしい。私は、ものすごくおウチに帰りたくなった。