【霧の濃い朝】

2014年冒頭。私は事故に遭いました。どうやら反対車線のトラックが私の二輪車に近づいたらしい。正直死にかけた。当時、私は全身を強く打ち、意識も朦朧として、何より寒さで何も感じられない状態だった。トラックの運転手が救急車を呼んでくれていたが、どうしたワケかなかなか到着しない。実際に私が病院に運ばれたのは、事故発生から1時間以上後の事だった。痛みと寒さもあって、実に長い1時間だった。「これで助かる…」そう思えたが、本当に長いのはこれからだった───。


【お家に帰れ】

緊急で病院に運び込まれた血だるまの私。外の寒さから解放されると自然と痛みが強く感じられるようになった。どうにも耐え難くなって、恥も見聞もなく痛い痛いと喚いてしまった。看護師さんは見るに見かねて、あらゆる鎮痛剤を投与。しばらくすると、少し痛みが和らぎ、周囲の状況がある程度は把握できるようになりました。ここは病院の処置室。自分は未だにストレッチャーに横になっていて、隣には母の姿が。壁に掛けてある時計を見てみると、午前10時。恐らく、運び込まれて2時間近くたってる。血が少なくなった頭でも、何か違和感を覚えた。そう。先生が来ないのである。業を煮やした母が看護師を一人捕まえて、どうなっているのか問いただしてる。私だって、自分で立てるならそうしているところだった。ありがたい。すると若い先生が急遽やってきて、開口一番に「入院できません」と言ってきた。トラックにぶつかった瞬間は鮮明に覚えていないけれど、同じくらいの衝撃を覚えた。ここは病院じゃないのか。別な理由で血の気が引いた。そんな私と、絶句した母に対して先生はこう続ける。「今日はおウチに帰って頂いて…」


【緊急なので】

引いた血の気が一気に頭に登ったけども、そもそも血が足りなくてやっぱり喋れない。身動きも取れない。もし、霊魂とか幽霊が本当にいて、お盆に自分の恥ずかしい昔話とかされていたら、こんな気持ちになれるかもしれない。そんな場合じゃないが。家に帰れ。さっき以上の衝撃を覚えた。母は訴える。そんな事を言うのならば、何故、受け入れたのか。このままでは死んでしまう。血まみれのまま家に返してどうしようと言うのか、と。それでもこの若い先生は煮え切らない。別の病院に紹介状を書けと言っても首を縦に振らない。何がしたいんだコイツは。いや、きっと何もしたくないに決まってる。母は意を決するように言った。「訴えますよ!」。この言葉は効果テキメンだった。実際、知り合いに弁護士もいる。このまま私が死んでしまうと大きな問題になるだろう。 それから私が鎮痛剤に頼りながら痛みに悶え約2時間後。ようやくレントゲンが撮られ、そのまま病室のベッドに運ばれた。病室は大部屋だったが、ガラガラだった。ここにきて、やっと病院にきた気がした。安心して静かにしていると、さっきの若い先生が婦長さんを連れて、私にこう言ってきた。 「怪我の状態から、明日、手術を行います。 緊 急 な の で 」 手術の担当も、この医者らしい。私は、ものすごくおウチに帰りたくなった。




看護師になりたい人向けのナース人材バンク

ナース人材バンクについて説明したいと思います。このサイトは看護師になりたい人向けの求人サイトで、紹介実績はNO,1です。エリアごとや、事業所名から求人情報を探すことが可能です。また、人気求人ランキングというものがあり、他の人がどのようなところに行きたがっているのか、調べることも出来ます。 看護師さんインタビューというコーナーでは、実際に看護師になった人の体験談を見ることができ、かなり役に立つ内容になっています。

看護師転職コンテンツというコーナーでは、看護師になるための方法や、給与、転職方法などが事細かに書かれており、こちらも大変役に立ちます。 ナース人材バンク最大の魅力は、全国の情報を網羅しているということです。自分が住んでいる地域によって最適な求人情報を見つけ出すことが可能です。また、キャリアコンサルタントという人に的確な転職アドバイスをもらうことが可能で、いろいろな相談をすることができます。

このサービスが自分の一番お気に入りのサービスです。 このサイトに登録するには、二通りの方法があります。 一つ目は、このサイトにアクセスし、個人情報を入力するという物です。 二つ目は、0120-515-269に電話するという方法です。 一つ目のほうが手軽ではあると思います。

今の時代の看護師の転職情報の多さ

何かと求人情報を見る機会がある昨今ですが、その中でも最近よく見かけるのは、看護師の転職情報です。看護師はどんな時代でも必要になる為、その需要は確かに枯渇する事が無いのですが、それにしても今の時代では非常に転職が目立ちます。今の時代では社会福祉問題が深刻化しているので、それに伴っての影響です。これは逆に言えば、今の若い世代の人達にとって、就職をする大きなチャンスとも取れます。

もちろん難しい職業ですし、簡単になれるものではありませんが、それだけに目指し甲斐のある職業でもあります。ナースの世界に少しでも興味を持った事があるのであれば、試しに一度応募してみるのも一興です。もちろん、その際には資格が必要になります。看護師の転職要項を見つけるには、今では色々な方法があります。書店にて、求人誌をチェックするだけでも、簡単に確認する事が出来ます。専門のページなども特設されている事がよくあるので、そういったものを定期的に見るだけでも、応募の機会を得る事が出来ます。

しかし、それだけでは不安もあるので、出来ればハローワークに通って、しっかりとした病院を探してもらう事が大切です。自分なりに働いてみたいと思う職場、病院があるなら尚の事、その事を黙っていないで、直接職員さんに申し出る事が大切です。たったそれだけの工夫で、就職活動が見違える程楽になります。看護師の需要は、これからももちろん無くならないので、まずは焦らず、自分で出来る事から始めるのが重要なポイントです。

http://www.car-financing-direct.com/

TOPへ